犬

便で見る病気の可能性

犬

人間だけでなく、犬も癌になることがあります。犬が癌を患っているとき、大便に血が混ざるなどの症状があらわれます。犬の癌は、早期で発見して治療を受けることが大切です。

» 詳細へ

早めに病気を見つける

柴犬を飼って癒やされたいならこちらでブリーダーを探すと良いですよ。信頼できるブリーダーから購入することで、安心ができます。

ご自宅で飼っている大切な犬が癌にかかってしまった場合はぜひコチラをご覧ください。最善の治療法などが詳しく載ってますよ。

犬の癌治療について

犬

犬の寿命は長くなっていますが、それに伴って癌の発症数も増えています。ペット保険の調査によると、10歳の犬のうち6頭に1頭がガンを患っているという結果が出ています。 犬は今や家族の一員であり、体調が悪くなると獣医に連れて行き、適切な治療を受けさせたいと思う飼い主は多くいます。その一方で、犬も人間と同様に癌の治療費は高額で、飼い主の負担も小さくありません。ガンの治療費に10万円以上かかるケースも多く見られます。ペット保険に入るのはこのためです。 特に癌にかかりやすい犬種は、ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバー・パグ・ミニチュアシュナイツァーなどがあげられます。これらの犬種では、特に癌への注意が必要です。

犬の癌の早期発見

家族の一員として犬を飼っている家庭も多いと思います。犬は人間の3倍の速さで歳をとるといわれており、生きていく中で色々な病気にかかったりもします。 大きな病気の一つとして犬にも「癌」があります。犬は話せませんので疾患にかかった時は飼い主の早期発見が重要になります。癌にかかった時の代表的な症状として食欲不振や体重減少、元気がない・ふらふらとしているなど様々な症状が現れます。中には「しこり」が確認できる場合もあります。しこりが癌かどうかわからないので触ってはいけません。早急に獣医さんに診てもらいましょう。 癌は確実に進行していくものです。日々愛情を持って接していれば犬のちょっとした変化もわかりますので、それが早期発見につながるでしょう。

がんで行われる治療

動物病院

犬が癌を発症してしまったとき、治療法としては手術と化学療法、放射線といった方法のなかから選んでいくのが一般的です。このページでは、治療法について詳しく説明していきます。

» 詳細へ

フードで犬の健康を守る

犬

フードによっては、発がん性の含まれるものがありますので、そういったものを愛犬に与えてしまうことで癌の発症リスクを高めてしまうことになります。それを防ぐためにも、フード選びは慎重に行うことが大切です。

» 詳細へ